ロードバイク以外にいくらかかるの?自転車と一緒に買うものの選び方 STEP1

自転車の次に買うもの

ロードバイクを買っただけではまだ乗れません。

必要なアイテムのうち、どれを選べばのちのち後悔しないか、どれはすぐに必要で、どれは後回しでいいのか?

自分の経験から考えた順番と、それぞれのアイテムについて詳しいページのリンク集です。

初回のSTEP1は、自転車本体と同時に買った方がいいアイテムについて。ロードバイクに限らず、クロスバイクでも必要なものばかりです。

スポンサーリンク

STEP1|絶対必要なマストアイテムたち 計10000円~

ヘルメット 5000-35000円くらい

スピードが出て、車道を走り、タイヤが細いロードバイクは、ママチャリよりずっと危険です。サドルが高く、ビンディングで足が固定されていたら、転んで頭を打つこともめずらしくありません。

ヘルメットは絶対にかぶりましょう。

自転車の他に買うもの、かかる費用|ヘルメット編
ロードバイクは買ってもそのままでは乗れません。 必要なアイテムのうち、どれを選べばのちのち後悔しないか、どれはすぐに必要で、どれは後回しでいいのか?初心者が知りたいこと全部。 今回は真っ先に買わなきゃいけないヘルメットについて!...

ベル 600-3000円くらい

ベルを鳴らすことはほとんどありませんが、道路交通法上必要なので、一応つけておいてください。

今後ハンドル回りに色々つけることになるので、小さいもの、ライトと同じ台座につけられるものなどを選ぶといいかも。

キャットアイの商品は安い・小さい・いろんなところにつけられて便利。音はとてもちいさいです。

前後ライト 1000-3000円

ロードバイクは反射板がついていないことが多いので、ライトをつけないと道路交通法違反になってしまいます。

夜走るつもりがなければ、とりあえずは前(白)も後ろ(赤)もこのタイプでOK。

役割は、自分の存在を車に早く気づいてもらうことです。なので、大きい必要はありません。

充電式ではなく、ボタン電池のものがおすすめ。予備の電池が携帯しやすく、コンビニでも購入できるので、充電が切れちゃったなんてあわてることもありません。

こんなに小さいと不安に思うかもしれませんが、2000円くらいの前ライトは、ヘッドライトとしての役割はほとんど果たしません。予定外に暗くなってしまっても、交通量の多い道なら街灯や、車のライトがあるので気を付けて走れば大丈夫です。

夜も走る人は、こっち。キャットアイVOLT400だと中途半端なので、ちょっと高いけど、最初からキャットアイVOLT800にしましょう。これなら街灯のない川沿いのサイクリングロード(SR)でも大丈夫。このふたつは充電式です。

自転車初心者女子が最初に買うライトの失敗しない選び方
はじめてスポーツ自転車を買ったら、乗る前に買わなければならないものがいくつかあります。ショップですすめられるまま、価格重視で買ってしまいがちですが、せっかくなのでずっと使えるものを選びたいものです。今回はライトについて考えます。 前のライ...

空気入れ(フロアーポンプ) 3000円

ロードバイクフランス式(仏式)でゲージ(目盛り)がついている空気入れ(フロアポンプ)が必要です。

2-3日から1週間乗らなかったら、乗る前に必ず空気を入れます。

これは軽くてちゃちいけど、機能は十分。まっ黄色のパナレーサーのより気に入っています。人に見せるものじゃないし。

ペダル 0円

ロードバイクはペダルがついていません。とりあえずフラットペダルを。サービスでつけてくれることが多いと思います。

ロードバイク以外にいくらかかるの?自転車の次に必要なアイテムの選び方 STEP2
自転車女子初心者の疑問の答えます。自転車本体以外にいくら必要なのか?何を買えば後悔しないのか? 2回目は、できるだけ早く買った方がいいアイテムについて。合計28000円でおさえるための具体的な商品を紹介します。

 

 

 

 

コメント