海外通販を返品するときの送料と送り方と注意点

海外通販

海外通販を利用する前に、万一返品するときの送料や送り方が事前にわかれば安心ですね。海外ECサイトで買った商品を返品するときの送料と送り方を調べました。

スポンサーリンク

送料は簡単に調べられる

海外に小包を送る手段はいろいろあって複雑。どんな違いが合って、自分のケースはどれが一番安いのか、必要な日数など、こちらの郵便局のサイトで簡単に調べられます。

重さと、送り先住所を入力するとこんな風に計算されてきます。

意外と安い

例として、This is Cambridge の注文を返品するケースで計算してみました。届いたときの梱包のまま、丸ごと計ると273グラム。あて先はイギリス。

追跡、保証、送料、日数を考えると935円の国際eパケットを利用するとお得です。意外と安いですね!

ラベルの記入の方法

郵便局のこちらのページを見ればわかりやすい!

国際小包のラベルの記入方法

EMSのラベルの記入方法

わからなくても郵便局の人に手伝ってもらえるから心配なし。

絶対忘れないで!返品の注意点

内容物の価格を書く欄がありますが、返品の場合は、必ず‘returned under warranty’と明記しましょう。

輸入品にかかる関税は受取人が支払います。この記載がないと、メーカーは返品されたものに対して課税されてしまいます。メーカーとしては本来支払う必要のないものなので、受取拒否します。すると、あなたに送り返され、返金もされなくなってしまいます。

ラベルとは別に、宛名をプリントアウトしたものを貼り付けておくと安心です。

追跡番号を連絡する

ラベルができたら、郵便窓口で料金を支払います。控えの伝票をもらったら、追跡番号を受取人に連絡しましょう。

返品手続きを取った時のメールに返信すればいいですね。

返金の確認

返品が受領されたら、メール連絡が来るではずです。あとは、クレジットに返金されたことを確認しましょう。カードの請求の明細を見れば、通販サイトからのマイナス請求があるはずです。おそらく1-2か月かかります。

サイクルウェアは海外通販向き!

重さが軽くて、カサが小さく、壊れ物ではない。日本より海外のほうが商品が豊富。ファストファッションよりていねいに作られている。

サイクルウェアは海外通販にぴったりです。ためさないのは損!

コメント