ロードバイクでお尻や股が痛い女性のためのサドルと対策・日常生活編

乗車姿勢
後ろ姿に自信ありますか?

自転車乗りなら一度は経験する『お尻問題』。お尻やお股、デリケートな部分などサドル回りの痛みはつらいものです。

私の場合は、サドルの位置、角度の変更、やまめ乗りで悩みはすっかり解消しました。

サドル痛、手のしびれの原因は女性にありがちな乗り方?
自転車でお尻が痛いのは乗り方が原因。サドルやポジションを変えるより簡単ですぐにできる効果的な方法をわかりやすく図で説明します。ひじが痛い、下り坂が怖い、上りが苦手、手がしびれる、転びやすい人にも役立ちます。
スポンサーリンク

根本的な解決方法

サドルやポジションを変えることは有効かもしれませんが、根本的な解決は、日常の姿勢を改善することだと今は考えています。

日常の姿勢を改善すること

スポーツバイクはスポーツではありますが、大した運動ではありません。「立つ」「歩く」「座る」という日常的な動作と同レベルの運動だと思います。レース、それもかなり高いレベルで競う方は別かもしれませんが、普通にヒルクライムしたり、巡行しているときの運動強度は「お散歩」レベルではないでしょうか。

だって、座って、脚を動かしているだけですから。

だから、日常の「立つ」「歩く」「座る」姿勢を正しくしない限り、正しいフォームは維持できないはず。

やまめの学校へ行き、姿勢についていろいろ考えました。いままでもずっと、良い姿勢を心がけてきたつもりでしたが、自分の歩き方立ち方座り方がいかにおかしかったか、間違っていたか、気づきました。

違いはここ

ひとことで言うと「腰が入っているか、入っていないか(腰抜け)」。

骨盤の傾きがどうこう、というアレです。

「わかってるよ。」「できているよ。」という方。では、腰を入れた座り方(立ち方)、抜いた座り方(立ち方)の両方を意識的にできますか?

自信をもってできるなら多分できています。

私の見たところ、筋肉が衰えはじめる40代以上の女性の90%(ほとんど)はできていない感じです。

「腰抜け」が原因で起きるトラブル

できていないと、体(筋肉)を正しく使えないため、あちこちに痛みが出ます。

痛み

  • 外反母趾
  • ハンマートゥ
  • ぎっくり腰
  • 肩甲骨回りの痛み
  • 首の痛み
  • 肘の痛み
  • 肩の脱臼
  • 手首の痛み
  • 手の指の痛み

美容上の問題

  • O脚
  • X脚
  • 猫背
  • すり足
  • お尻がたるむ、下がる
  • お尻が扁平になる

健康番組や専門家はうそばっかり

テレビで姿勢を良くしたり、痛みを解決する番組をよくやっていますが、あれってうそばっかり。すぐできそうな、耳障りの言いことだけ言って、根本的な解決方法になっていません。情報が断片的だったり、ひどい場合はデタラメ。立派な肩書の専門家でもそうです。

日常動作がちゃんとできるようになったから、それがウソだとわかるんです。

みんな他人のことには無責任

テレビの人たちは、あなたのことを真剣に考えてくれません。身近なお医者さんだって、自転車ショップの人だって、整体師さんだって、あなたの痛みや、あなたの体の使いかた、感じ方はわかりません。悪気はないけど、あなたのことは他人事なのです。親切心からであっても、アドバイスが的外れな場合もあります。

アドバイスが的確だったとしても、あなたがそれを正確に理解して、正確に実行できるとは限りません。誰もチェックしてくれません。

頼れるのは自分だけ

あなたのこと、あなたの体を「自分事」として一番に考えられるのはあなた自身しかいないんです。

だから、自分の頭で考えて、自分の体を動かしてみて、自分で感じてみて、自分で正しい方法を見つけるしかありません。

本腰を入れて取り組む価値があります

正しい姿勢ができるようになると、痛みや不調がなくなります。日常生活がとても楽になります。長い時間立っていても、座っていても疲れにくくなります。

加齢に伴って、手が上がりにくかったり、見上げることが難しくなったり、よろめいたりしますが、すべてへっぴり腰が原因です。

腰を正しく使えるようになれば、年をとっても自分の足で歩くことができます。要介護になるリスクが減ります。

お金はかかりません。ちょっと意識するだけです。

えらい遠回りをしてしまったけど、わたしはやまめの学校の授業や本から、「正しい体のつかいかた」をみつけることができました。

別に「やまめ」じゃなくてもいいんです。自分の体とまじめに向き合えば、自分でみつけることもできます。

なぜ、素人の私にわかるのか?

私は医者でもなんでもありませんが「私の体の専門家」の第一人者です。だからわかるのです。

すべての動作を「腰を入れて」「腰を抜かして」やってみるとわかります。使う筋肉が全く違います。「腰を入れた」動作は、体を効率よく使っていることがわかります。

それに対して、「腰を抜かした」動作は、一瞬のバランスでなんとかこなしている感じです。

正しい姿勢は矛盾がない。無駄がない。つじつまが合う。理にかなっている。持続可能。安定感がある。

腰抜けの姿勢はその場しのぎ。

できるようになると、「なるほど~、人間の体ってよくできてるな。」と思えるようになりますよ。

 

 

 

 

コメント