ロードバイク女子みんなの日焼け止めや日焼け対策グッズで一年中ぬかりなく

からだ

ロードバイクは楽しいけど、長時間外ですごすスポーツだけに、サイクリング中の日焼けはとても気になります。

日常生活や、他のスポーツでやっている日焼け対策ではうまくいかないこともあります。

今回はみんながどんな日焼け対策をしているかまとめました。

スポンサーリンク

冬も日焼け対策は絶対に忘れないで

になると対策が甘くなりがちですが、顔の日焼け止め対策は冬のほうが大事かも!

気のゆるみから、うっかり顔が焼けちゃったという人が後を絶ちません。

冬の太陽は低い位置から射し込むため、日差しがまともに顔に当たります。

しかも、夏は意識的に日陰を選びますが、冬はその逆。日焼け対策は冬の方が大事だと言っても過言ではありません。

日焼け防止グッズ

サイクルキャップ

サイクルキャップの役割はたくさんありますが、自転車女子にとってひときわ重要なのが日よけ効果です。ひさしとなってくれるので、まぶしさをやわらげ、日焼けも防いでくれます。

春から夏にかけての紫外線が強い季節は、太陽が高い位置から照らすので、キャップのつばはとても効果的です。顔全体に日陰をつくってくれている感じがします。

キャップの日よけ効果があまりないのは冬。真横から射し込む日差しは、キャップでは防ぎきれません。おまけに日焼け止めクリームを塗るのも忘れがちなので冬場は要注意の季節です。

アイウェア

サイクリング用のアイウェアは、カーブがつけてあり、顔に沿う作りなので、日焼けを防ぐ効果がとても高いです。必ずUV防止加工が施してあるものを選びましょう。

スポーツ用ではない眼鏡でも、UV防止加工してあればある程度の効果は期待できます。が、顔とめがねの隙間から日差しが差し込む点が気になります。

いずれにせよ、眼鏡の跡が残らないように、必ず日焼け止めクリームを併用しましょう。

ヘルメット

ヘルメットの中にも、紫外線防止効果が期待できるものがあります。

目の部分を覆うシールドがついているものです。

ヘルメットひとつで、ヘルメット+キャップ+アイウェアの効果があるので、節約にもなりますね!

シールド付きヘルメットは、プロがTT(タイムトライアル)で使うような「ガチ」なデザインが多いのですが、ホビーライダーが抵抗なく使えそうなのがOGK Kabuto のVITT、定価13000円。紫外線カット率は99%以上!

カラー:ライトスモーク
可視光線透過率:65%
紫外線カット率:99%以上

シールド部分は強力マグネットでくっついています。使わない時は、上にスライドするのではなく、いったん外して上下をひっくり返して付け直します。実際にやってみましたが、スムーズです。

不要な時は、外して家に置いていける点もポイント高い。やっぱ日本のメーカーってこういう細かい配慮ができますよね。

カラーは12色と、豊富に揃っています。戦隊ものっぽいカラーが中心(笑)。

ちなみに、がちなのはこんなの。街乗りやポタリングには不似合いかな。

フェイスカバー

パールイズミなどからこんなフェイスカバーが販売されています。自転車専用品でなくても、使えるものがあるかもしれません。

選ぶポイントは、アイウェアが曇りにくいように、空気の抜け道があることと、水分補給ができるような作りになっていること。どうせなら、耳までカバーするものがいいですね。

日焼け止め効果はとても高いのですが、デメリット多数。特に夏はあんまりおすすめしません。

  • 見た目が怪しい。
  • 暑い!私はこれをしていて熱中症になりかけました。ヒルクライム中は危険です。
  • 耳が痛くなる。ヘルメットのベルト、アイウェアのつると干渉します。
  • ずれる
  • 初心者っぽく見える

アームカバー(アームスクリーン)

肘の内側にメッシュがついていたり、涼感素材のものもあります。ずり落ちたりしなければ、自転車専用でなくても大丈夫かも。腕はとても焼けやすいので、絶対焼きたくない!って人はアームカバー必須でしょう。

しっかしこれも暑い!!炎天下では黒は圧倒的に不利です。アームカバーをびしょびしょに濡らして着用するとしばらくは涼しいですが、なにせ速乾性の素材なので、すぐに乾いてしまいます。

あと、林道では風が吹けば涼しいのですが、アームカバーをつけているとその恩恵はありません。暑い時は体に水をかけたりしますが、アームカバーは水をはじくので、その効果も得られません。

グローブ

自転車に乗っているときは、手の甲もとても日焼けしやすい箇所です。グローブをつけているだけである程度日焼けは防げますが、海外ブランドはUV加工がされていないものも多いです。その点パールイズミは裏切りません。

当たり前ですが、指ぬきタイプは指の先だけ日焼けしてしまいます。ちなみに、指先だけきれいにくっきり焼けた状態を「ポッキー」とよびます。

指先に念入りに日焼け止めを塗るか、フルフィンガータイプにするか。フルフィンガーは、これまた暑い。逆にグローブをしないという選択も。

マジックテープ止めの近くに穴が開いているもの、手首部分が短いもの(海外ブランドに多い)、メッシュ状に小さな穴が開いていると、変な日焼け跡がついてしまうことがあります。

白と黒などコントラストのある模様があるものは、白い部分だけ日焼けしてしまうことがあります。グローブを外したら、手の甲が水玉模様、なんてこともあるので気を付けてください。

塗って防ぐもの

塗るタイプはとてもポピュラーですが、自転車ならではの注意点があります。

  • 男性が多いライドの時は、塗りなおす時間や場所が限られる。
  • めちゃくちゃ汗をかくので、顔に塩がふいてざらざら。そこにクリームを塗ると痛いし、肌を痛めそうです。

これらをふまえて選ぶことが大切です。

メイク

UV効果のある下地を塗って、その上からファンデやBBクリーム。短時間の強度が軽いライドならOKですが、長時間の汗だくライドでは塗り直しはどうしましょうか?荷物も多くなります。

あと、ヘルメットのベルトにファンデがつくと見苦しいです。洗うのも面倒。

スポーツ用日焼け止めクリーム

資生堂のアネッサなど、汗に強いタイプを選ぶこと!塗りなおすために持ち歩きましょう。持ち運びに便利な小さい容器のものは、コンビニで買うことができます。

腕、脚など面積がかなり広いし、何度も塗りなおすことを考えると、けちらず使える価格のものをたっぷり使いたいですね。

汗に強いといわれるタイプのものでも、雨に濡れると、白い水滴になっていたりするので、塗り直しはしたほうがよさそう。

 

トライアスリートに教えてもらって興味があるのがこちら。ドラッグストアでは扱っていないそうです。店頭で買えるのはデパートのみみたい(夏だけ??)。

効果絶大超強力焼け止めクリーム

私の一押しはこれ!自転車用ケミカルの有名メーカーWAKO’s日焼け止めです。トライアスロン用で、スイムの後も塗りなおす必要がないというほど強力なものです。

サイクリングにおすすめの日焼け止めAGGRESSIVE DESIGN Top Athlete Sun Protect Fighterの効果とデメリット|アグレッシブデザイントップアスリートサンプロテクト「ファイターS」のインプレ
女性アスリートとしては、自転車やスポーツは楽しみたいけどできるだけ日焼けはしたくない!というのが本音だと思います。ほしがりやさんなんだからぁ~。 そんな人におすすめの日焼け止めAGGRESSIVE DESIGN のTop Athlet...

その効果はお墨付き。朝一回塗っただけで、本当に焼けません

デメリットは価格の高さ。なので、顔、指先、靴下の上の部分など、特に焼けやすいところにだけ使っています。

もうひとつの難点は落ちにくいこと。専用のリムーバーが販売されていますが、DHCなどのオイルタイプのメイク落としできれいに落とせます。これは、WAKO’sの色白販売員のお姉さまに聞いた話です。

ですから当然身体に塗った場合、せっけんで洗っただけでは落ちません。皮膚がビニールコーティングされたかのごとく、湯船につかったときに肌が水をはじいてしまいます。だから全身に塗ったら、全身にクレンジングオイルをかけなければなりません。かなり面倒なので、この意味でも全身に使うことは現実的ではありません。

これだけ落ちにくいし、もともとがケミカルメーカーなので、成分に不安が残ります。日焼け止めは肌から吸収されるという話もありますし、気になる方、敏感肌のかたは使わない方が無難です。

使うのは毎日ではないし、日焼け止め効果の高さは群を抜いているので、私は割り切って使っています。

番外編

飲む日焼け止め

飲んで日焼けを防ぐ薬?サプリがあるらしいです。勇気のある方は試してみてね。

サプリ

ビタミンCやE、そのほか肌に良いサプリを飲む。

 

コメント