寒い冬のライドで、つま先が冷えるのを防ぐ対策

ウェア

寒くなってきました。このくらい寒いと、登りでオーバーヒートしないので、嫌いじゃありません。でもつま先が寒いのはとってもつらい!

体は走っているうちにあたたまっても、つま先は冷気でどんどん冷えてしまいます。

スポンサーリンク

冬の足元の防寒は、少し大げさかな?くらいがちょうどいい

ウェアの基本は、「少し寒いくらいがちょうどいい」。でも、足元に関しては、当てはまりません。

スタート時は大丈夫でも、走るうちに外気の冷たさが靴の中に侵入してきて、でつま先がどんどんかじかんできます。

なので、ちょっと多いかな?くらいの防寒対策でちょうどいいと思います。

ソックス

厚手のソックスは靴がきつくなる

まずはソックスを厚手のものにチェンジ。全体的に厚いものだと、シューズがきつくなってしまいます。ソックスの2枚重ねも、同じです。

なのでつま先部分だけが厚くなっているものがいいと思います。

冬用ソックスは、シマノ、アソス、This is Cambridgeを実際に試しましたが、アソスのものが一番暖かかったです。

ただ、アソスは選ぶ楽しみがないのよ。冬用ソックスは何種類かあるけど、この気温帯のは、この色って決まっているのです。選びやすいけど、つまんない。

つま先だけの靴下はいまいちでした

つま先だけにかぶせるソックスも試してみました。

これは、足の裏の真ん中の、段差になるところが気になってしまいました。てな訳で、ボツ。

シューズ

ほとんどのビンディングシューズは、通気性が良いように作られています。なので、冬になると冷たい風が入り放題。

でも、物によって、メッシュ部分がなかったり、少なかったりします。

私の初代のものはメッシュ無し、2代目はメッシュありです。なので、冬とそれ以外のシーズンで使い分けています。

左がメッシュ無し、右がメッシュあり。

ウィグルで検索すると、冬用のサイクリングシューズもあります。

けど、種類が少なく、小さい女性サイズで気に入ったデザインを見つけるのは難しそう。価格も高めです。

足の寒さ対策の本命はシューズカバー

自転車に乗るまで知りませんでした。3種類あります。

ほとんどのものはSPD-SLタイプ用なので、SPDの人は、使えるかどうか確認しましょう。

ソックスタイプのオーバーシューズ

靴下のようなニットでできていて、シューズの上からかぶせて履くタイプです。クリート部分は、シューズのクリートのタイプに合わせてはさみで切るようになっています。その部分は、切ってもほつれないように作られています。

メリットは伸びるので履きやすいこと。価格が安いこと。カラフルで選ぶ楽しみがあること。

デメリットは耐久性がないこと。ワンシーズンで買い替える感じです。

個人的には、防風性がないので、あんまり意味がなさそうなので、使ったことはありません。

冬は暗い時間帯が長いので、被視認性を高めるために、派手な目立つ色を選ぶ人が多いです。

トゥーカバー

今年はこれを買ってみようと思います。

靴の上から、つま先部分にだけかぶせるものです。

メリットは脱着が簡単なところ。シューズと色が違うと、見た目がいまいちですね。

シューズカバー

ウェットスーツのような素材でできているタイプです。

ほとんどがSPD-SL用ですが、無理くりかぶせれば、SPDでも使えます。ただし、SPDはクリート部分以外でも着地するので、その部分は破れてしまいます。

このタイプがもっとも暖かいです。足の部分はもちろんですが、足首が冷えない効果は絶大です。

デメリットは、履きにくく、外しにくいこと。朝の準備時間が5-10分余分にかかります。一度シューズにかぶせたら、いちいち外さず、シューズを脱ぐために必要なだけ剥きます(半分ぐらい外す)。

食事がお座敷だったりすると、面倒。

輪行の場合、SPD-SLはかぶせたままで問題ないけど、SPDだと、破けやすいです。かといって、外すのは時間がかかる。

その他の対策

カイロ

靴の中用のカイロがあります。邪魔にならず、なかなか良いです。

ビニール袋

雨の時と同じように、足に直接かぶせる、または靴の上からかぶせる。

急な雨でも大丈夫な即席防水シューズカバーの作り方
急に雨に降られた時、コンビニで買える材料だけで簡単に作れるレインシューズカバーを作る方法です。ビンディングはそのまま使えて、靴の中がびしょぬれになることはありません。材料はビニール袋(レジ袋)とビニールテープ。

手に入る材料で

新聞紙、アルミホイル、ラップなどさまざまなものが役に立ちます。緊急時は手に入るものはなんでも試してみましょう。

私の場合

1回目の冬 2016-2017

ほんとの初心者だった1回目の冬は、市街地を走るだけだったので、それほど寒いことはありませんでした。南関東ということもありますし。シューズがメッシュ無しタイプだったので、早朝の短時間さえ我慢してしまえば、日中困ることはありませんでした。

2回目の冬 2017-2018

2回目の冬は、だいぶお山に行くようになりました。ラファのオーバーシューズと厚手のソックスの組み合わせが定番でした。

3回目の冬 2018-2019

オーバーシューズをかぶせるのが面倒で、あまり使わなくなりました。厚手のソックスとカイロの組み合わせが一番多かったです。

4回目の冬 2019-2020

自走ならオーバーシューズ、輪行ならトゥーカバーかな。

 

 

コメント